Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

看護師4年目のブログ

4年目看護師として思うこと

仮眠室のない16時間

16 Hours Without A Nap Room 

Working as a freelancer involves taking risks because you have to be responsible for everything you do. Working for a company might be less risky, but it might also make you feel like that is not exactly what you want to do more often.

“I have to do these things although they are not what I want to do. But instead, I get a stable life by belonging to an organization.” Somewhere in my head, I rationalize to myself like this.

I can hear this generation says “it’s the end of lifetime employment” or “you can work anywhere with your laptop” or something like that, proposing those kinds of new work styles. There is tons of information about them posted irresponsibly on the Internet as if they are wonderful things.

I actually can’t help feeling jealous when I read the articles about them.  It’s a completely different world than mine.

個人で働くことはそれなりのリスクが伴う。全て自分の責任になるためだ。組織で働くとリスクは減るかもしれない。でも何か違うと感じることも増えそう。「違うと思うことをしなければならないのは、組織に所属することでの安定と引き換えなんだ」とどこかでこんな言い訳をしている自分がいる。

最近は「終身雇用は終わり」だの「PCがあればどこでも働ける」だの、新しい働き方が提案されている。ネットではそんな働き方が、無責任に大量にアップされる。あたかもそれらが素晴らしいものであるかのように。実際そんな記事を見ると羨ましくてしょうがない。自分とは縁のない世界だ。

People at Work


I am a nurse. To save patients’ lives, I have to work the night shift and I don’t keep my laptop with me while working. So my work style doesn’t fit those.

Who the heck would want to work the night shift? I imagine how wonderful it would feel if I can wake up with the sun every morning. But this duty definitely needs to be done, I know.

Not all the staff can work the night shift. The less of them work the night shift when they get old; they move into managerial positions, work less hours, or quite. It’s also not possible to work at night when they have to look after their young children. So it comes down to that fact that the ones who can work the night shift are the relatively younger nurses.

僕は看護師をしている。患者を死なせないためには夜勤も必要だし、PCを持って仕事をするわけでもない。そのような働き方には当てはまらない。夜勤なんて誰だってしたくないだろう。毎朝太陽と共に起きられたらどれだけ幸せだろうかと思う。でも絶対必要な仕事なんだ。自分でも分かっている。

夜勤ができる人も限られている。年をとると夜勤をする人は減る ー 管理者になる、短時間勤務になる、辞めてしまう。 妊娠すると夜勤は減る。小さい子の育児をしながら夜勤はできない。そうすると夜勤ができるのは比較的若い看護師が多くなる。


I hate to say this ー it would sound like the night-shift nurses are sacrifices. I try not to think about it, but sometimes I can’t help feeling that way. Perhaps hospitals will have to scramble for night-shift nurses, and when there aren’t enough of them, one will have to work more and more, and then only the ones who can hang in there will stay.

The wage setters who don’t work the night shift any more and the ones who make our staffing arrangement, I want you to tell us how you would deal with this problem.

We all know this is not easy to solve. We don’t want to just leave it all to them moaning, “they know nothing about our job.”

To continue with this amazing job as a nurse, now I want to think about the way of working once more that makes younger people want to be a nurse.

こんなことは言いたくない ー 夜勤をしている看護師は捨て駒のようではないか ー これは考えないようにしている。でも時々そう感じてしまう。これからの病院は夜勤ができる看護師の取り合いになる、きっと。足りない時は1人がたくさんの夜勤をすることになる。そうやって頑張れる奴だけ頑張っていく。

夜勤をしなくなって、僕らの給料を決めている人。看護師の人数配置を考えている人。この問題にどう取り組もうと思っているのか教えてほしい。簡単に解決できることじゃないことは僕らも分かっている。「現場のこと何も分かってない」と愚痴って、責任を丸投げなんてしたくない。これからも看護師という素晴らしい仕事が続いていくために。若い世代が看護師になりたいと思える働き方を、今考え直したいと思う。