Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

看護師4年目のブログ

4年目看護師として思うこと

看護師とデータ集計

看護師という仕事をしていて、けっこうデータを取る仕事が多い。部署の手指衛生の遵守率や○○のマニュアルを知っている人数や超過勤務時間の平均値など。でもデータを取っている自分自身、「このデータ取ってどうするんだよ」と思うことも多い。

統計学が最強の学問である

統計学が最強の学問である

 

データを集計することにその価値があるのか考える必要がある。その価値がないただのデータをこの本では「ふーんとしか言えないグラフ」と呼んでる。すごく的確。

 
そうならないためには以下の3つの問いを常に考える必要があるそう。 
看護師っぽく手指衛生の徹底で考えてみる。例えば「部署の手指衛生のアドヒアランスを集計して看護師に提示すること」は、「手指衛生をする看護師の増加につながる」のか。
 
1.何らかの要因を変えれば利益は向上するか?
どんなデータを取るかが重要な気がするが、例えば手指衛生遵守率と院内感染の相関など。手洗いの遵守率の向上させれば病棟内感染は減少しそうなので利益はある。というか病棟内でMRSAなどの接触感染系の耐性菌感染が続けば不利益でしかない。
2.要因を変えるための行動は可能なのか?        
おそらく手指衛生ができていない人や状況はある程度決まっていそう。その人たちが実施率を上げるだけでも部署全体の実施率はある程度向上するのではないか。「みんな手洗いできてないですよー」と言うより、個別指導のほうが効果が出そうである。しかしここではどれだけ手指衛生を看護師の習慣とできるかがポイント。習慣にならなければ一時的な『手洗い運動』、小学生でもできる。
3.その利益はかけた手間を上回るのか?          
ここでの手間にデータの集計も入ってくる。ここでさっきの「ふーんとしか言えないグラフ」を作ることはただの時間の無駄ということ。きれいなグラフ作りは自己満足の象徴(看護師の多くはこの自己満足を褒め称える)。
大事なのはデータを使って何をするか。データは何の目的のために集めたのか。手間のかけ方を考える必要がある。
 
僕は2年目の時に部署で手指衛生アドヒアランス向上に取り組んだ。一番データ集計で難航したのは、手指衛生の遵守実施率だった。看護師の手指衛生するポイントをすべて把握しデータ化することは不可能なので、僕がランダムに選んだ時の手指衛生遵守率で算出した。こんなに信用できないデータは他にないだろうな。
 
看護師(とくに管理者)はデータ好きだが、集計に見合う価値をしっかり考えている人はどれだけいるのか疑問だ。